トイレの水漏れの3つの原因

トイレの水漏れの3つの原因 トイレの水漏れが起こると慌ててしまうという人もいるでしょう。このまま家の中が水浸しになってしまうのではないかと混乱してしまいがちです。トイレの水漏れの原因は、大きく分けて3つあります。その3つを確認することで、トイレ 水漏れの対処をすることができるのです。軽度のトラブルであれば、意外と簡単に対処することができる場合があるのでまずは落ち着きましょう。ただし、その3つの原因を確認する前に必ず止水栓を回して、トイレの水をしっかりと止めなければなりません。止水栓はマイナスドライバーを使用して右に回せば止めることができます。水道の元栓を閉めて止める方法もありますが、その場合は家中の水道が止まってしまうので注意しましょう。

■給水管などパイプ類からのトイレ 水漏れ

まずはトイレ 水漏れが、どこから起こっているのかを確認しましょう。給水管は、止水栓からタンクへ続いています。その給水管と止水栓との接続部分、もしくはタンクとの接続部分から漏れていることがほとんどです。
パッキンやナットなどの緩みや、劣化などが原因で起こることが多いので、この場合はこのパーツを交換することで修理することが可能になります。レンチを使って接続部分を左に回して緩めます。古いパッキンを取り出し、給水管の直径の大きさを確認します。外したパッキンをそのままお店に持って行き、同じ大きさのものを購入しても良いです。パッキンはホームセンターなどで簡単に手に入るので、自宅の周りの店舗を確認します。パッキンを新しいものに交換したらナットを右側に回して締めます。ナットが緩くて水漏れが起こることがあるのでしっかり閉めておきます。

■床からのトイレ 水漏れ
床から水があふれ出てくるととても慌ててしまう人は少なくありませんが、修理可能なケースがあるのでまずはどのような状態なのか確認します。トイレと床の間から水漏れしていると、どこから漏れているのかすぐには分かりません。
その場合、まず最初に便座に濃い色の水を垂らしてみます。床の上にその色の水が混ざってできたら、便器と床の接合部分だということが分かります。この場合は少し面倒ではありますが、修理することは可能です。まずは単純に便座の設置不良ということがあります。次に便座と床下の配管パイプをつないでいるフランジパテが劣化している可能性があるのでこれを交換します。まずはタンク内の水、便器に残っている水もポンプなどを使って全て捨ててください。ナットを緩めてタンクにつながっている給水管を取り外しましょう。便器の下のフランジ固定ボルトと便器下の奥にある固定ビスを外します。便器とタンクを一気に外しますが、二人で行うことをおすすめします。フランジパテが交換できるスペースを作り、マイナスドライバーで古いフライレンジパテを外し、新しいものと取り替えます。外したときの逆の手順で便器を取り付けますが、便器のボルトをしっかりかみ合わせてください。また、フランジ固定ボルトや固定ビスもしっかりととめないと、再び水漏れしてしまうので注意してください。

■便器内に水が流れ出て止まらない

便器内に水が出て止まらない場合は、トイレタンク内にある給水装置の不具合が原因のことがほとんどです。まずは装置を正しい位置に戻してみましょう。これだけで直る場合があります。ゴムフロートの交換が必要なら交換しましょう。手で取り外せるので簡単ですが、取り付けるときはゴムフロートが排水口に合うように注意してください。

■まとめ
トイレ 水漏れが起こったときには、まずは慌てずに漏れている部分を確認します。劣化したパーツを交換するときは必ずサイズを確認してから購入しましょう。サイズが合わない状態で交換してしまうと、再び故障する原因となってしまいます。また、自分で行うのは難しいと感じたときには、すぐに専門業者に任せましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース